« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

退職

Dsc02776 本日3月31日を持ちまして、12年9ヶ月ぐらい勤めた事務所を退職いたしました

さてさて、これからどうしましょう。

ちょっと淋しいお誕生日でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

恐るべし歯

20110321_21_50_35 こなみがおとなしいと思ったら、なんとだんなの携帯をカミカミしていた。

あー、まだ3ヶ月ぐらいしか使ってないのに・・・

当の本人は、へそ天で気持ちよさそうに寝ています。

20110329_21_23_34_2 

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

Dsc02766 このあたりで、一番早く咲く枝垂桜です。

いつもはライトアップされるのですが、今年は、節電のためありません。でも、十分きれいです。

Dsc02768

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東北地方太平洋沖地震(私の記録)

3月11日(金) 午後2時46分

その日は会議があり、職場の人は全員会議室にいた。

私は、ひとりで事務室でお留守番。

グラッときた。もともと地震は苦手で、小さな揺れでも気になるタイプ。

地震が来ると、ドアが歪んで開かなくなると思っているので、すかさず廊下にでる。

途端に、大きな音と立っていられない揺れ。防火扉が暴れて、ガシャンガシャン言っている。

かなり長い時間揺れていた。こんな揺れは初めてだ。もうおしまいなのか…

少し揺れが収まると、みんなが戻ってきた。

部屋の中を見ると、ロッカーは倒れ、机の上の物は、パソコン、プリンターとも全部落っこちている。机の引き出しも飛び出て、部屋の中はとんでもないことになっていた。

廊下に出ていて、正解と言われた。同じフロアの他の部屋は、ロッカーが倒れてドアが開かないとか、水槽や食器棚が割れて大変なことになっていた。

私の職場は10階にある。

免震構造の建物らしく、上の階はかなり揺れる。それでも、今まで体験したことのない尋常じゃない地震だった。

だんなに、電話をした。繋がらない。今日の現場はどこだったか?屋根の上か?落ちてないか心配になる。

何度かの余震の後、階段でおり、家路へ向かう。

一階には、心配そうに待っている人多数。

駐輪場のおじさんに、大丈夫だったか聞く。

北の方から、ゴーっと音がしたかと思ったら、ぐらぐら揺れ出して、建物が倒れそうになるぐらい揺れてたよーと教えてもらった。

駅前のパチンコ屋のガラスが割れ、駅前の水道管が割れたらしく、水浸しになっていた。

家まで徒歩30分ぐらい。私は、あの揺れを体験したからか、結構悲壮な顔をして歩いていたと思う。

すれ違う人は、案外平気な顔して、笑ってる人が多い。

??そんなに、ひどくなかったのか?と思うほどだった。

まずは、実家に預けているこなみの様子。玄関入ってこなみを探す。

この日は、母親はフラダンスのレッスンで、ひとりでお留守番をしていたようだ。

事務用のクルクル回る椅子に、何事もなかったかのように、ちょこんと乗っている。

実家の部屋も、なにも落ちていない。よかったー。怖い思いはしなかったようだ。

ここで、初めてテレビを見る。

世にも恐ろしい津波の光景。映画じゃないかと目を疑う。事実だ。

あまりにも無力でちっぽけな人間の存在。私には、テレビの画面にくぎ付けになるしかできなかった。

だんなは、牡鹿半島の出身。疎遠になっている身内がいる。たぶん20年ぐらい会ってないだろう。もちろん私も会ったことはない。

よくグーグルマップとかで、このあたりなんだろうなぁ~と見ていた場所は、海の目の前。

ニュースを見る限りでは、きびしい場所だ。

しかし、連絡先も住所と名前しかわからないので、確認とれず。

そして、大津波警報は、こなみの出身犬舎プーリーがある九十九里浜10mと出ている。

プーリーは海岸の目の前。これもすごい心配。

ニュースでは、東北地方のことはやっているけど、九十九里浜が出てこない。

とにかく、無事を祈る。

インターネットには、安否情報、人探し、避難所リスト等、いろいろな検索方法があった。

しかし、早い段階ではリストの数も少ない。継続して調べる日が続く。

プーリーの方は、プーリー出身の飼い主さんのブログで被災情報を知る。

かなり被害を受けた様子。私にできる、ご協力をさせて頂く。

今は、復興に向け着実に前に進み始めてます。

プーリーさんの様子は、こちらのブログでもご覧になれます。

Pooryの仲間達の日常 

シーサイドプーリー で緊急物資支援・募金のお知らせ等載ってましたので、リンク貼らせていただきました。

あれから、毎日余震が続く。 部屋の中に揺れる物があると、地震だとすぐに気づくことができるが、先日職場のトイレに入ってるときに地震が来た。

まわりに揺れる物が見えないと、自分がめまいをしているような感じになる。

安否情報サイトの避難所リストに、身内の名前を発見。実家の上の山の中学校に避難をしていたようだ。あの大量のリストの中から、名前を発見できたこと、すごくうれしい。

まだ見つかって無い名前もあるので、引き続き頑張る。

そして、あってはならない原子力発電所の事故

東京他、関東地方の電力のために福島県の方々に多大な迷惑をおかけすることになってしまい、申し訳ない気がする。

現場で事故の修復に全力をそそぐ作業員のみなさん、自衛隊、消防署員のみなさん、危険な任務に立ち向かっているすべての方々の奮闘に頭が下がる思いです。

一日も早く事態が終息し、これ以上被害が拡大しないことを祈るばかりだ。

電力の供給不足のため、東京では、計画停電始まる。

私の地域は、停電の対象地域から外れているので、普段通りの生活ができる。

しかし、今、私にできることをしなければ・・・節電に努める。

いない部屋の電気は消す。

お風呂は、なるべく続けて入る。

コーヒーメーカーを辞めて、インスタントコーヒーにする。

ウォシュレットの電源を切る。これをやったら、便座に座った時にヒャ!ってなったので、いないときには消して、いる間の設定を低にする。

使わないコンセントは抜く。

エアコンは付けないで、石油ストーブで暖をとる

あとは、買占めはしない。

等々、気をつけているのだが、振り返ると、なんて今まで無駄にエネルギーを使ってたんだろうと反省できる。

放射能も心配だけど、どの情報を信じればいいのかよくわからない。

今日も、金町浄水場から放射性ヨウ素が検出されたとニュースでやっている。きっとミネラルウォーターがなくなるだろうなーと思っていたら、やっぱり無くなっているようだ。

乳児を抱えている家庭や、妊婦さんのように国からきちんと摂取してはいけないといわれている人は、もちろん気にしなければいけないことだと思うが、私のような大人は大丈夫といっているのに、買占めに走る人が多い。

野菜も、洗えば大丈夫といわれているし、お店で売っているものは大丈夫と思うけれども、敬遠する人もでてくるのだろう。

風評被害をなくすためにも、怪しい情報に惑わされること無く、行動したい。

駅前で、青年たちが義援金の街頭募金をやっている。

けっこうな人が募金をしている。

声をかけられたので、どこに送るのか聞いてみる。

学生なので、まだ決まってないです。って言われた。

え?便乗?と思ってしまった。

せめて、赤十字と中央募金会とか、行政とか団体の名を言って欲しかった。

本当に被災者の為に一生懸命募金をしてるのかも知れないけれど、疑いたくなる。

案の定、ランチに行く時やってて、帰ってきたらもういなかった。

余震はまだ続いている。

私が今回の地震を体験して思ったことを残してみた。

書かないと、今後ブログに書いていくことが難しいと思ったからだ。

書いてみて改めて、自分の体験したことなど、なんてちっぽけなことなんだと思った。

避難所で生活をしなくてはならなくなった方、生まれ育った場所を離れなければならなくなった方、身内を亡くされた方、多くの方がこの震災の被害にあわれています。

食べ物もなく、寒い中耐えしのんで暮らしている方が多くいます。

そんな方々の辛さ、苦労の微塵も体験したものでなければ分からないと思いますが、どうか、みなさまお身体に気をつけて乗り越えてくだい。

医療関係者、自衛隊、ボランティアの方々など、現地で活動されているすべてのみなさまも、どうかお体に気をつけてください。

今回の震災でお亡くなりになった方のご冥福、被災された方へのお見舞いを申し上げ、被災された方々、被災にあわれた地方の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

大井しおさいドックラン 2011/2/27

Dsc026911

Dsc02688 Dsc02692

Dsc02746 みんな、あたちの後ろにくっついてくるんだけど、臭いのかしら?

Dsc02698 Dsc02684

今日は、公園の入口に焼き芋やさんが来てたので、買ってみた。

そのまんま、スイートポテトみたいなので、甘くて、めちゃくちゃおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タイル完成

先日、タイルアートの体験教室で色を付けたタイルが焼きあがりました~

Dsc02749

下絵の時は、白っぽくってイメージがわかなかったのですが、焼きあがるときれいに色が出ていて、とても鮮やかです。

下絵の状態はこちらを見てね♪

体験タイルアート&積雪

裏には、コルクが貼ってあって、コースターにも使えます。

でも、もったいないので、やっぱり飾り物かなぁ

ちえこ先生、ありがとうございました。

ご興味のある方は、タイルアート工房 ラ・ガジェータ を見てみてねぇ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

さよなら、ぴーちゃん

3月3日 おひな様の日

お向かいにすんでる住んでるぴーちゃんが お星さまになって旅立って行きました。

14歳と10か月。

ななの子供の中で、一番の長生きさんでした。

お向かいのおとうさんは、事あるごとに、ななよりも長生きさせてやるからなっていってくれてましたが、ななは14歳5カ月だったので、立派にななよりも長い犬生を過ごさせてもらいました。

ありがとうございました。

産まれたときから一番大きな赤ちゃんでした。

大人になってからは15キロぐらいの大きさになって、ぷーちゃんと一緒で、性格はとても穏やかですごくやさしくて、ご近所でもみんなにかわいがられてたね。

こなみもぴーじいちゃんが大好きで、よく遊んでもらいました。短い間だったけどありがとー。

最期まで、大きな身体だったけど、お骨になったとき、手と足の骨が立派だったよ~と言われてたのを聞いて、ぴーらしいなと微笑ましく思いました。

虹の橋の向こうでは、ぷーちゃんやななやみみが待っててくれてるから、思う存分甘えてください。

ななの子どもに産まれて来てくれて、ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ひなまつり

Dsc02712

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

笑ってる?

2月26日(土)

お天気がよかったので、土手にお散歩

5mail_3 たくさん歩いたので疲れてるはずなのに、なんだか笑ってるようにも見えませんかね?

4mail_2 3mail_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

MIRADA(ミラーダ)

2月20日(日)

01 行ってきました。オーチャードホール。

マリアパヘス舞踊団結成20周年記念公演です。

休憩なしの1時間半、あっという間に終わってしまいました。

舞踊団の方たちの踊りは、あたりまえだけど、やはりすばらしく、イメージトレーニングはバッチリできた…は…ず…です。

踊ってるときに、全然ぶれがないのがやはりうまく見えるコツなのかなぁ・・・

次回の発表会での曲のアレグリアスもあり、振りのお勉強には程遠くて駄目ですが、雰囲気はしっかり味わって来れたと思います。

始まる前、時間が少し早かったので、東急を散策していると

1mail 2mail

こんなこたちが、踊ってました。

熊川哲也 Kバレエカンパニー Spring2011 『バレエ ピーターラビット®と仲間たち』&『真夏の夜の夢』

の宣伝ようです。

この着ぐるみをきて、バレエを踊るとは、すごいですねぇ~。

昔むかし、フラメンコを始めたばかりのころ、回転が全然できなかった時にイメージしたのが、熊川哲也さん。かっこいいですよね

他にも、東急は、川上麻衣子さんのトークショーやってたり、カジノをやってたり、近頃のデパートにしては賑わっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今度は車と人

2月19日(土)

近所のお安いスーパーマーケットへ自転車で買い出しへ。

買い物も終わり、後ろの荷台、前のカゴと荷物をたんまり乗せて、ふらふらとこぎながら家路に向かいました。

スーパーの前の道は、小さなバス通りで、そこそこ車通りがあります。

駐輪場を出たところの交差点で信号待ちをしているときに、目の前でドンと音がして、車の目の前に人が倒れてました。

Cocolog_oekaki_2011_03_01_14_16

うわっと思い、警察か救急車か電話しなくっちゃと思ったとたん、倒れてたおばさんがむくっと起き上がり、車めがけて走っていきます。(その時車は、曲がり切って少し進んだところに車を移動中)

止まった車めがけて、窓をドンドン・ドンドンと叩いています。

運転手が車を降り、おばさんが大声で運転手をどなっています。

二人とも、携帯を出す気配もありません。救急車呼ばなくていいのかー。

心配になり近づいてみると、お怒りモードのおばさんは、「私を狙ってひこうとした」と盛んに言っている。そしておまわりさんも、救急車も呼ばなくていいって言っています。

運転手さんは、30代ぐらいの男性で、信号に気を取られてしまっていてすみませんと、ひたすら謝っています。

大変申し訳ないのですが、ふと頭を「あたりやかー」とよぎってしまいました。

ので、余計なお世話ですが、おまわりさんには来てもらったほうがいいと、おばさんをなだめ、今痛くなくても、夜痛くなるから病院行った方がいいですよ~と説得し、とりあえずおまわりさんには来てもらうことにしました。

おまわりさんが来るまで、待っててあげようと思ってたのですが、なかなかおまわりさんはやってこない。この日は、とっても寒い日で、運転手さんが大丈夫ですからお帰りくださいと言ってくれたので、帰ってしまいました。

病院には、今日は絶対行かないと言い張ってたんですがどうなったんだろう。

先日の、自転車同士の事故といい、今回の事故といい、こんなに短期間で2回も事故に遭遇するとは・・・

気をつけなさいという暗示かな。

みんなも気をつけようね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »