« 車山へGO(1) | トップページ | 車山へGO(3)YBM編 »

車山へGO(2)宿編

Dsc01495 車山でのお宿は、NORTH COYOTEさんです。

こなみを連れていくので、わんこが泊れるところで探しました。蓼科や女神湖あたりまでいくと結構あるのですが、車山は、いつもシニアでお世話になっている赤煉瓦とここのふたつでした。

今回は、新しいお宿の開拓です。

場所は第2ペンションビレッジの入口でとてもわかりやすいです。

とても若い、かわいらしいご夫婦でやってらっしゃいました。

部屋数が少なく、こじんまりととてもいい感じで過ごせます。お風呂がめちゃくちゃ大きくてびっくり。

お部屋に着いて、一休み。ご案内には、夕食時間は6時です。お呼びしませんので時間になったら来てくださいと書いてありました… が、ふたりして爆睡してしまい、結局お迎えにきていただきました・・・(^_^;)

寝ている間、凄い雷雨だったらしく、停電してしまいすみませんでしたといわれたのですが、爆睡夫婦は気付かなかったよ~。

夕食は

Dsc01477 Dsc01480_2

Dsc01481_2 Dsc01482   

Dsc01488

お魚の形をしている魚は食べるのがちょっと苦手だったのですが、ご主人に頭からガブリといってくださいと言われ、勇気を振り絞ってかぶりついてみました。

そしてら、すっごいおいし~。やわらかくて苦いところも全然ないし。だんな様もお気に入りの様子。

量も適当で、美味しかったです。

食後は、パグ好きという奥様にこなみをたくさんナデナデしてもらいました。

ここは、ハスキーを2匹飼っているそうですが、この時ひとり手術のため入院していて、ひとりでした。まっしろなニコちゃんという7か月の女の子です。こなみと遊んでもらおうと思ったのですが、ちょっと難しかったかな。こなみより年下だけど、こなみの3倍ぐらいは大きいニコちゃん、また今度遊んでくださいね。

朝食は

Dsc01492_2 Dsc01493_4

朝食はパンという宿が多い中、ごはんとみそ汁の朝食です。ごはん好きのだんな様は、大満足。

写真では、隠れて見えませんが、ここにもお魚の形のししゃもがいます。がーこれも美味しいかったです。たぶん自分では焼くことはできないと思いますが、ししゃもも結構おいしいじゃんということが判明しました。

今回はお手伝いをしないので、朝もゆっくりと過ごせました。夜中は雨だったようですが、天気もオフ日和っぽくなってきました。

チェックアウトの準備中に事件発生。

部屋から外をみると、青ざめた顔しただんなが、指を鳴らしながらこなみを呼んでいます。

いつもは、だんなが指をならすと、付いてくるのですが、どうも行方不明になっているらしい。

どこか穴に落ちたか、リードが引っ掛かって出れなくなってる・・・よからぬ妄想が頭をよぎります。

慌ててて外にでて、こなみーっと一声。すると、真っ黒になったこなみが、一目散に私めがけて走ってくるではありませんか。どうも、縁の下にもぐりこんで遊んでいたらしい。無事でよかった~と思うとともに、ちゃんと呼んだら戻ってきてくれたこなみをみて、ほくそ笑んだものでした。

泊ったところの紹介をしようと思ったら、ごはん画像の写真ばっかり。ありゃりゃ~

とにかく、あまり気を使うことなく、過ごしやすい宿でした

432 NORTH COYOTEさんのブログにこなみのことを書いていただきました

その中で、こなみをとてもかわいく載せてくれいたので、ちょいと拝借。

そして、宿を後にして、YBMへと続く・・・

|
|

« 車山へGO(1) | トップページ | 車山へGO(3)YBM編 »

ぱぐ」カテゴリの記事

スイフト」カテゴリの記事

コメント

こなみ嬢、更にかわいく載せてもらってよかったねぇ。
で、また泊まってもいいなって思える宿だったかなsign02

投稿: なおこ | 2010年6月12日 (土) 17:46

★なおこさん
気を使うことなく楽な宿でした~。
反面、特にかまってくれるということもない感じでした~。
いろいろなことを期待していくと、ちょっとんん~な感じですが、
のんびりと過ごしたい時などは、GOODだと思いますよ。
うちは、また行ってもいいかなって思ってま~す。

投稿: ななみみ | 2010年6月14日 (月) 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168382/48575210

この記事へのトラックバック一覧です: 車山へGO(2)宿編:

« 車山へGO(1) | トップページ | 車山へGO(3)YBM編 »